JAPAN WOMEN AWARD 2016 表彰式を開催しました

アワードの結果を見る

家庭も仕事も大切にしたい女性の働き方を支援

 株式会社アールナイン 代表取締役社長  長井亮さん

女性の働き方はライフイベントによって大きく変わりますが、家庭や育児との両立ができるならば、何らかの形で仕事を続けたい、社会と接点を持ちたいと考える女性は多くいます。
採用・人材育成のコンサルティングを行う株式会社アールナインは、そのような女性のキャリアや活力を生かした事業運営を行っています。

女性のワークライフバランスを大切にする働き方を応援するその理由について、株式会社アールナイン代表取締役の長井さんにお話を伺いました。

家庭も子育ても仕事も諦めない働き方の実現へ

ー長井さんが立ち上げた事業の概要を教えてください

弊社は採用や人材育成に関する企業の課題に対し、そのコンサルティングを行い、課題を解決するための様々なサービス(研修、面接・説明会代行など)を提供する事業を行っています。現場でサービスを提供するのは、弊社が契約しているHR領域のプロフェッショナルで、キャリアコンサルタントを始め、人事経験者、人材業界経験者など豊富な人材がいます。

その多くは結婚や出産で退職した女性で、家事や育児などワークライフバランスを取りながら、仕事をしてもらっています。

ーなぜ、仕事を辞めて一度家庭に入った女性の活用を思いついたのですか

前職で、優秀な女性が子育てのために会社を辞めてしまう人を何人も見てきて、非常にもったいないと思ったんです。そこで、そういう女性が家庭も仕事も諦めずに働けるよう、「都合がつく時間だけでいい柔軟な働き方」を創出したいと考えました。

当初から面接代行の案件が多かったので、業務を細分化して契約するキャリアコンサルタントの適性に合うようワークシェアリングし、さらに在宅勤務を取り入れれば、女性が子育てしながらでも柔軟に働けるのではと思い、今の事業形態となりました。その結果、「都合がつく時間だけでいい柔軟な働き方」だけでなく、「働く個人の得意分野と企業が解決したい課題をマッチングして、win-winを生み出す働き方」も実現し、現在はキャリアコンサルタント200名のうち95%が女性、ほとんどが子育て中の方です。

時間が限られているからこそ生産性が高まる

ー社員のほとんどが女性なのはなぜですか

元々、会社を立ち上げる時に仕事を辞めて家庭に専念していた同僚や先輩の女性に声をかけたのがきっかけです。皆さんとても高いパフォーマンスを発揮してくれました。今では弊社の管理職は全員子育て中の女性です。

ー子育て中の女性のパフォーマンスが高いのは、何故だとお考えですか

理由は2つあります。まず1つは時間が限られているからこそ、その中で最大限のパフォーマンスを発揮しようとすること。漫然と仕事をしている人とは、「1時間」にかける思いが違います。

2つめは家事や育児をこなす女性は、常にマルチタスクで動いているので、1つ1つの業務をどんな順番でどう行えば効率的なるかを考えることに慣れていること。このように弊社で働く女性は生産性が高いからこそ、クライアントから高いフィーを頂けるんだと思います。

「気持ちよく働く」にはオフィス環境も大切

気持ちよく働くには、オフィスはきれいなところが必須だと思っていたので、虎ノ門ヒルズにオープン当時から本社を構えています。また、オフィスは女性ばかりなので、彼女たちの要望はできるだけ聞くようにしていますね。

ー女性のライフイベントには、どのように対応していますか

ライフプランに応じて、働く時間を決めてもらっています。前日遅くまで会社に残ったら次の日は遅めに出社するなど、法律の範囲内でどの女性も工夫しています。

人材関連分野には女性の感性が活かせる場がたくさんある

ー今後の事業の展望をお聞かせください

外部のプロジェクトメンバーと提携して、女性の知見を入れつつ、事業を展開したいと考えています。人材関連分野は、コミュニケーション能力に長けた女性の感性が活きるので、それを取り入れたサービスやプログラムは多くの企業の課題を解決することができます。

こういう考え方に共感して、自分もプロジェクトメンバーとしてこんな企画をしたいとか、女性の多様な働き方を支援したいという人が増えればいいと思います。

ー最後に、キャリア女性に対するメッセージをお願いします

会社勤めから一度仕事を辞めて家庭に入ると、キャリアが分断されたという言い方をされますが、今までのキャリアは正社員という形でなくとも活かしていくことができます。「こうでなければ」という働き方に対する枠組みを外してみれば、得意分野を活かせる場を見つけられると思いますよ。