JAPAN WOMEN AWARD 2016 表彰式を開催しました

アワードの結果を見る
アビーム_top

グローバルで活躍する日本人を輩出する

 アビームコンサルティング株式会社 代表取締役社長  岩澤俊典さん

企業戦略から業務改革、IT構築、運用・保守に渡り、企業活動をする上での全てのサービス領域で、実践的なサービスを提供するアビームコンサルティング。
日本発・アジア発のグローバルコンサルティングファームとして、お客様の業界・業種に特有の課題や、それぞれの市場のニーズに的確に対応しています。

アビームコンサルティングがクライアントや社内のグローバル化を推進している原動力や、女性へのメッセージを、代表取締役社長の岩澤さんに伺いました。

日本人がグローバル社会を引っ張っていくためのシステム作り

ー事業内容を教えてください

弊社では、様々な企業活動のコンサルティングをしています。戦略立案や業務改革を支援していますが、これらはシステムがなければ実現せず、企業経営には良質なプラットフォームが欠かせません。弊社の強みとしては、日本企業がグローバルで活躍できるためのプラットフォーム作りを、世界中で展開していることです。

ー“グローバル”ということに焦点を当てていますが、そのきっかけは何ですか

私自身が商社や外資系企業などで働いたときの経験や、アメリカ駐在中の経験が原体験としてあります。そして、ポジションが上がるにつれて、日本人がグローバルで活躍しきれていないという課題を解決したいと思うようになりました。

日本企業の多くは、外国籍企業のM&Aや、現地語の人を採用していましたが、それだけでは世界全体を捉えて、成長させるのは難しいと感じました。そこで、日本がグローバルを牽引し成長していくためには、日本人を海外に輩出することが必要だと考えました。

日本人の強みを活かして、グローバルで活躍できる人材を育てる

ー社員に対して“グローバル”に働くための取り組みなどをしていますか

語学を含めた基本的なスキル向上やダイバーシティマネジメント研修を実施するのに加えて、弊社の社員を海外のプロジェクトに積極的に輩出しています。

ー“グローバル”人材を輩出するうえで、日本人の強みは何だとお考えですか

日本人は、長期的なことまで考えてリスク回避できるのが特徴だと思います。将来問題が起きないようにするにはどうすればいいのか、ということを考えながら仕事をする傾向が強いです。長期的に見ると、コスト削減に繋がるのですが。

ただ、そういう仕事の仕方しかできないとむしろ日本の生産性が下がってしまうので、スピード感を持った仕事の仕方を学ぶことも必要だと思います。

ー今後の課題は何ですか

とにかく生産性を上げることですね。働く人を増やすことも大事ですが、それに加えて生産性を上げなければ、今後成長できないと考えています。そうすることで、新しい産業や付加価値のある新ビジネスにリソースを割けるようにしていきたいです。

自分のライフスタイルに合わせて、新しい仕事を作り出す

ー女性社員が活躍するために、何か取り組みをされていますか

私は採用や評価などをする際に男女関係を意識していません。これは正しかった部分もあると思いますが、女性に対する配慮がなければ、私がフェアだと思っていても実際にはフェアじゃないこともあるということに気づきました。

男性のキャリアの中に女性をあてはめてしまったので、女性としては男性のペースに乗らなければいけません。それでは女性が活躍し続けるのは難しいと感じます。社内の育児介護支援制度は整っているので、カウンセリングを通じて、上位者がメンバー1人1人の働き方やキャリア志向を把握し、キャリアが継続できるような環境作りが求められていると思います。

ー働く女性にメッセージをお願いします

ライフスタイルによって働き方を変える必要はあると思います。そのためには、ビジネスサイドが、それぞれの時間の使い方によって、生産性が出るような新しい仕事を作る必要があると考えています。さらに、女性たちにも、自分たちのライフスタイルに合ったビジネスモデルを会社の中で作っていってほしいなと思います。

また、私は仕事だけがキャリアではないと考えています。自分に対する投資をして、将来の自分のスタイルを作ってほしいです。そうすることで、自分のライフスタイルに合った新しい仕事を自分で作ることができるようになると思います。