JAPAN WOMEN AWARD 2016 表彰式を開催しました

アワードの結果を見る
%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%bf%e5%89%a4%e6%a7%981

私たちの事業発展には女性の活躍が不可欠

 日本調剤株式会社 常務取締役  三津原庸介さん

日本の「医薬分業」実現を掲げて調剤薬局チェーンを経営し、全国に展開している日本調剤株式会社。社会のあり方と医療制度が急激に変わっていく時代の中で、信頼できる情報を提供できる企業として、医薬・医療にまつわる様々な事業に取り組んでいます。

そんな日本調剤株式会社の事業への想い、女性が活躍するためのメッセージを常務取締役の三津原さんにお聞きしました。

信頼できる情報を提供する次世代型の調剤薬局を目指して

ー現在の調剤事業についてどうお考えですか

調剤薬局も、やはり変化の時代になっていると言えます。私たちは、医療を取り巻く厳しい現状に対する高い要求をどうクリアするかということを常々考えてきました。

現在、健康寿命という観点からも「信頼のおける情報を提供してくれる場所」のニーズが高まってきています。健康リテラシーが高い人や、「患者さま」とはいえない予備軍の方々へも情報を発信していけるような場所はないかと考えたとき、薬剤師がいる薬局が最適な場所になると考えました。

薬剤師が患者さまの病状を診断することはできませんが、より深い服薬指導や、ちょっとした会話の中で悩み事を聞いたりするなど、服薬指導の範囲内でより大きな価値の提供ができると考えています。本当は医師からの直接の情報発信が理想ですが、薬剤師という国家資格を持った存在も「信頼できる医療情報提供者」として効果的なのではないかと感じています。

ー今後の薬局・薬剤師はどうなっていくべきだと思いますか

どんなにテクノロジーが進んだとしても、医療にはヒューマンな要素が絶対に残ると思っています。そうするとFace to Faceのコミュニケーションがとても重要で、病気にかかっていなくても、話を聞くだけで効果があると思うんです。そういったFace to Faceのコミュニケーションを重ねることで患者さまに治療の気持ちが根付いて、「薬剤師さんの言う通りにお薬飲もうかな」と思ってくれることが大切です。

コミュニケーション能力と判断能力がある薬剤師がいる薬局は信頼されるようになり、そのような薬剤師が多くなっていくべきだと思いますね。

女性の活躍なしでは辿り着かなかった今

ー女性比率が高い理由と、女性活躍への課題を教えてください

そもそも薬剤師は構造的に入口の段階で女性が多いので、当然女性の割合が増え、医療事務もその多くが女性です。そのため、女性が力を発揮できる仕組みをつくらないといけないことは明らかで、彼女らの活躍なしで当社がここまで来ることはできなかったことは間違いありません。産休・育休を経験する女性社員らにスムーズに復帰してもらえないと規模拡大ができませんので、そこも非常に重要な経営課題になってきていると思っています。

また、今後はより一層、女性を重要なポジションに登用する雰囲気になってくると思います。苦労はもちろんあるとは思いますが、そういうチャンスやフィールドをどんどん与えていきたいですね。

活躍できる機会をつかんで、キャリアアップを目指す

ー働く女性へメッセージをお願いします

機会は平等に与えられるべきだと思っています。職種を問わず、仕事に取り組むときには一生懸命にやる真面目さも必要ですし、一方で何か柔軟な発想をもつことが大切で、そういう人がより上へと上がっていくのではないかと思います。

会社から用意されるフィールドというのは、その人が活躍できる可能性があるということなので、苦労してでも実力をつけて登っていってほしいですね。